性に対するホームヘルパーの悩み

セクシャルハラスメントを解決いたしませんか?

現場で起きている女性ホームヘルパーの悩みを、解決することが出来ます。
男性の高齢者および障害者であっても性欲があり、一人では処理が出来ない場面に出くわしてしまったとき、人一倍責任感の強いヘルパーさんであれば、一度は悩んだことのある問題点ではないでしょうか。
経験の浅い女性ヘルパーさんは、100人中2人が「性」の介助をしてあげていたことが、アンケート調査によって判明しました。

性の問題は、深刻です。
しかしながら、だからといって女性ホームヘルパーがそこまでする必要があるのかという問題もあります。
そこで、本来の仕事であるホームヘルパーの業務と「性」に対するサービスを分別する必要があります。
当店では、このような問題を真摯に受け止め、ホームヘルパーがそのようなサービスをすることがなく、特殊なサービスだけを請け負っております。
当店は公安委員会へ届出を済ませてあります。ホームヘルパーと同じように、お客様のいる場所まで出張いたします。
お困りの女性ホームヘルパーさんはお気軽にご相談ください。

本来の業務以外で、一緒にお茶を飲んだりすることはコミュニケーションをはかるためにも7割超のホームヘルパーがアンケート調査の結果しておりました。
4割弱の女性ホームヘルパーが、男性高齢者や障害者に求めに応じて、手を握ったり、ハグをしてあげたりしたことがあると応えております。
ごくわずかになりますが、添い寝をしてあげたり、眠りにつくまで就業時間が過ぎているにもかかわらずサービス残業をしてあげた女性ホームヘルパーがおります。
さらに、女性ホームヘルパーの中には、高齢とはいえ、自ら洗えるはずの陰部を入浴、身体の清拭のついでに洗ってあげた経験があると言う回答もありました。

そして、お願いをされておっぱいを触らせてあげた女性ホームヘルパーがいた。
中には、唇を重ねる程度だけれどもキスをしてあげたと応えた女性ホームヘルパーもいる。
さらに、レンタルビデオ屋からアダルトビデオを借りて一緒に見てあげた。それでも満足できない場合には性風俗店に付き添ってあげた。
誰にも言わない約束で、マスターベーション介助をした経験があるという回答もありました。

これらは、いずれも「利用者の要求に応えて」のことですが、女性ホームヘルパーがそこまでする必要があるのか?
どこまでが、サービスになるのか?
ハッキリとした線引きをしてあげないと現場の女性ホームヘルパーは困惑し、よかれと思ってしてあげたことが悩みとなって有望な人材を失ってしまうかもしれない。
まだ、人に言える機会がある女性ホームヘルパーは修正することが出来るが、情報が閉塞された環境だと、そうはいかない。

ここで、性に対するサービスは一切しない線引きをする必要があるのではないでしょうか?
そのような問題を専門に取り扱っている当店へお任せください。

介護のお仕事をしていると、まだまだ違った経験をしている方がいるはずです。
これは氷山の一角でしかありません。
このような言動は大きなストレスを得ます。
心にもない態度によって、心の傷になっているのではないかと思います。
そして、そのことを誰にも言うことが出来ないのであれば重大な問題です。

果たして、どこまで「性」の問題について我慢しなければならないのでしょうか?

「性」に関するサービスは一切しない方向へもって行きませんか?
 男性利用者に性欲があることは、女性ホームヘルパーであれば一度は対峙したことのある問題ですが、男性利用者が「性の介助」を依頼したくなることを「理解」できても、サービスをすることは別です。
目の前で、してくれるのが当然のような態度を取られたり、失望感を漂わせる態度を取られてしまうと、まるでその問題を傍観しているヘルパーが悪い気がします。
期待に応えることが出来ない、はがゆさであり、かといってその期待に応える努力をするのもおかしいと思うものの戸惑ってしまうものです。
「性の介助」を依頼したいという男性利用者の気持ちを否定しきれなくても、実際に依頼されては困るものであり、「性の介助」は介護に含まれない、という男性利用者と女性ホームヘルパーの間に共通の認識が必要です。

そのためにも当店のサービスをご利用していただければ幸いです。


Copyright All rights reserved. c1999-2015 HOTSHOT Delivery Service Co.,Ltd.