介護のヘルパーでセクハラを受けて困ってませんか?

勉強して、やっと取得した介護ヘルパーの資格なのに、セクハラされて泣き寝入りしていませんか?
会社の上司に相談しても「スキのあるあなたが悪い」「健康な証だから、いいじゃない」「そんなことくらい我慢しなよ」聞く耳を持ってくれない。
介護を受ける方全員ではありませんが、中にはおっぱいを触ってくる、お尻を撫でる、キスしてくるなど当たり前の人がいます。
その中には「減るものじゃないし…」「ちょっと手で(ペニスを)しごいてくれるだけでいい」とか要求してくる利用者がいます。
会社に相談して、担当を替えてくれるようにお願いしても、別の人が同じ思いをするんだよと妙な説得をされたりしてストレスを感じていませんか?

介護を受けるお客様の中には、同じお金を支払うのだから、「年老いたおばさんよりも若い女性でなければいやだ」と指名してくる人がいます。
そういう元気な利用者に限って、身体を拭いているときに身体を触ってきたりしませんか?
振り払えば、「暴力を振るった」「怪我をさせるか」「こわい」など言われて、驚きと傷心を経験してイヤになりませんか?

さらにひどいのが、親族の方から若くして介護の仕事をしていのだから、ボランティアで性欲処理をしてくれるんじゃと期待するバカがいます。
ご利用されるお客様が障害者で女性に縁がないもの、身体は大人で性欲がある。そういうケースに限って母親が強気で出てくる。
セックスをお願いしているのではなくて、ちょっと手でしごいてくれるだけでいいの。少しばかり、身体を触らせてあげてなど、介護に要求するサービスではありません。
毅然として、お断りをすると『障害者だからバカにされた。これは差別だ!』と、苦情を言う。
まるで、伝家の宝刀を抜いたように、迫られるのだが、どう譲っても介護サービスに性的なサービスはない。

こんなときに、このような悩みを解決してくれるのは介護サービスではなくて、バリアフリー対応の風俗があります。
介護ヘルパーよりも、手馴れた手つきで対応してくれます。
個人情報も、保護され公安委員会への届出済み優良店を選択すれば問題がありません。

ただし、このようなケースのお客様の場合、派遣型風俗を利用するには金銭負担がかかるものです。
介護サービスでは『だだでやってくれる』と考えています。
それほど大事な親族なのですから、それ相当の出費は必要です。
このような派遣型風俗では、性病などの感染症の検査を済ませております。
そのような検査を受けるには、それ相当の費用がかかるものです。その費用を惜しんでは正当なる性的サービスはありえません。

高齢であっても、障害があっても対応してくれるのがバリアフリー対応の派遣型風俗です。
母親が、『風俗』というキーワードだけで汚らわしい、息子にさらわせたくないとお考えの場合、手袋をしての手コキもあります。
少なからず、介護ヘルパーさんが負担するお仕事内容ではありません。

そう思いませんか?

介護ヘルパーの皆さん、セクハラで悩んだらお気軽にお問い合わせください。
当店が、スッキリ解決させていただきます。

そのためにも当店のサービスをご利用していただければ幸いです。

現在抱えている問題、予算および時間帯などお気軽にお問い合わせください。セクハラで悩む女性を応援します。


Copyright All rights reserved. c1999-2015 HOTSHOT Delivery Service Co.,Ltd.