体験談  働いてみて感じたこと 東京へ行きたい
東京で働きたい!


ねおさん

年齢 19歳上京
入店歴 5年1ヶ月
青森県出身

東京には一度も行った事がありませんでした。ネットで求人を知り応募をしました。最初はメールでのやりとりでしたが、あの頃、両親とうまくいっていなくて喧嘩ばかりしていました。それがきっかけになって、今ではすごい勇気があったなぁ(笑)と振り返りましたが、後悔はしていません。逆にこのお店に入れて本当によかったと感謝しています。上京した時には、右も左もわからない私に対して親切に駅まで迎えに来てくれました。しかも、夜遅くでしたのにご飯もご馳走してくれて愚痴を聞いてくれたこと、今でも忘れません。そして、働くに当たって何日か働いた上で続けるか辞めるのも本人の自由だから、自分で決めていいよといわれました。寮に入って、最初は一人でやっていけるか不安でしたが、想像以上にお金が稼げたこともあって、続ける事にしました。お客様も常連さん揃いで安心しました。半年後には東京に広めの部屋を借りました。友達も出来て、買い物にカルチャーセンターに足を運べる利便性と時間が充実していて、さすがに東京だと感じました。こういうお店には怖い人がいるのがつきものだと、あとで知りましたが、このお店は警察署を窓口として、きちんと届出を済ませた優良店で一切、暴力団などの関わりがなかったことも安心できる要因です。しかも辞めたいときには辞められるし、強引な引止めはありませんでした。逆に早くお金をためて、この業界を卒業してねという雰囲気のお店です。もちろん、継続して働きたい場合は働けますし、実際5年もお世話になっていましたから、おかげ様で両親とも仲直りしましたし考え方も大人になりました。現在は東京で知り合った彼氏と結婚して子供が一人います。毎年、お盆と正月には孫の顔を見せに帰省しています。
はるみさん

年齢 18歳上京
入店歴 3年6ヶ月
宮崎県出身

とにかくびっくりしたのが、こんな私でも頑張ってやれば稼げるんだ!ってことです。私はこういうお仕事は今までほとんど経験なかったし、ルックスもそんなに自信ないし、童顔なので不安でした。最初は友達と地元で別のお店の求人広告を見て上京しました。それは有名な女性週刊誌にも掲載されていて信用していたのですが、実際に行ってみてびっくりしました。広告には「明るく楽しい乾杯ワーク」と書かれていて、てっきり飲み屋さんのお仕事だと思っていました。業種にも総合レジャー○○観光パブクラブとありました。実際はパブではなくてピンクサロンでした。イスが電車の座席のように前を向いていて、ミラーボールが回っているお店でした。黒服さんがいる前で裸になって、フェラする仕事でした。シャワーもなくて、おしぼりで拭いてするから、大変でした。そこで、別の仕事はないものかと、漫画喫茶のネットで検索していたところこのお店に出会いました。寮も確保してくれて、友達と一緒に働く事になり、心細さはありませんでした。前のお店では店員さんともあまり上手くいかないのもあって結局やめちゃったんですけど、やっぱりお金欲しかったし東京に来た以上、今度はしっかり選んでから働こうと思っていろいろ記事を見てました。このお店にしたきっかけは、自分にあったタイプのお客様を案内してくれるってところがいいと思いました。お店の場合、嫌なお客様の場合断れませんが、このお店は注文いただいたお客様のデータがあり、事前にどんな人が来るのかわかるところがよかったです。そしてお客様が意外とやさしくてしらふな方が多いのには嬉しい驚きでした。東京にいて病気になったときなど、お店の方が緊急病院へ連れて行ってくれたりして、家族のような優しさに甘え続ける事が出来ました。友達が昔の同級生と結婚したのをきっかけに、披露宴で知り合った彼と私もめでたく(?)結婚しました。ここで稼いだお金はへそくりで旦那には内緒です。ネットで株でもしようと勉強中です。
こゆきさん

年齢 18歳
入店歴7年7ヶ月
出身地 沖縄県

ミュージシャンになりたくて上京しました。私は、高校卒業してから漠然としていて、東京に住んだはいいけど、ミュージシャンになるために何をしたらいいのかわからず、家賃や生活費を稼ぐために喫茶店でのアルバイトの毎日でした。バイト先の友達に「音楽の専門学校にいったら」と言われ、専門学校に行こうと決めました。でも正直なところ、そんなお金もなく親にも頼れない状況だったので、風俗で働いて短期間で学費をためよう思いました。インターネットで色々探していたら、送迎ありと電車に乗るのが面倒臭い私にとってここの店を知り、電話をして面接に行ってみました。正直、心配で不安で面接を当日キャンセルしてしまおうかと迷っていました。でも勇気をだして行きました・・・!このままの自分を脱するためには行動しないと変わらないからです。面接したからといって、気分が乗らなければ働かなければいいやという気持で、決心しました。一度、これだと決めちゃうと、つっぱしる性格なので、面接担当した店長さんに、私の事情をすべて話したら、親身になって聞いてくれました。今、思うと店長さんの人柄がとても良かったので話ちゃったのかもしれません!!働くにあたって、目標金額やどうすればいいのかを、考えてすべて教えてくれました。今は、学費もたまって学校にも行って音楽の勉強もして充実した毎日を送ってます。今でもお店をやめないのは、働きやすさとスタッフの人柄とこの仕事のおもしろさです!!楽しくお金をたくさん稼げる仕事は、ほかにあまりないと思います。もちろん音楽は、あきらめてないしスタッフの人も応援してくれてます。目標やそのほかの事情のある子には、絶対オススメのお店ですよ!!みんなが協力してくれるお店だから・・・。そんなわけで私も小さなプロダクションに入る事になり、自分のCDを出す事が出来ました。会社の決まりで、バイトは厳禁でした。また店長に相談したら、ここで働いていたのは○○ちゃん(ここのお店の源氏名)で△△ちゃん(私の本名)でないから、事情があって働いていた。その事情がなくなったんだから、よかったじゃない、おめでとう、たとえ○○ちゃんが有名になってテレビにいつも映っても、ここでの事は誰にも言わないから、○○ちゃんも言う必要がないよ、折角掴んだ夢の切符、大事につかうんだよ、と言われて泣いちゃいました。辞めた後、絶対秘密にしとくからね、て頼んでもいないこと、常に私の目線に立って考えていてくれたこと、本当に感謝しています。いい作品も出来そうです。ありがとうございました!!!!!



◆女性スタッフも常時勤務しております。
  男性に相談し辛い事もフォローできる環境だから安心です。

 メールで応募する方はこちらからどうぞ。
   

copyright c 1999-2015  TOKYO HOTSHOT. All rights reserved.